フォロワー

2009年2月28日土曜日

時々不安になってる・・・・寒桜


誰でも、どのような人でも
例え どのような場所からでも
それぞれの その人に合った一歩はある

傷ついたり、悲しみに打ちひしがれ 動けなくなったり・・・

でも、いつまでも、立ち止まってばかりもいられない

・・・・時が来て、
また そこから 勇気を振り絞っての一歩は

それがたとえ、小さくとも、その人の人生の中で
大きな大きな輝く一歩に なっていると思う。

たくさんの悲しみを乗り越えて、その想いを胸に刻んだら
これからの日本は きっと魂、強くなって
世界を救えるようになっていくと思う

そういう尊い精神の人たちが 住んでいる国だと思う
そういう国に自分は 生まれたんだと思う

2009年2月26日木曜日

心のことば


最近は、何かと動き回ることが多く、

ことばが生まれません・・・やはり

うちから湧き上がることばには、

安らいだ時間、静けさなども必要のようです

「おくりびと」の受賞



松下幸之助の経営方針は「思うということ」だそうです。
「良い思いがよい結果を作っていく。創造していく。大切なことは思うところから始まる」。
って、信念にまで落としてるのはすごいです。偉人となる人は思想を残すんですね。
瞑想は仏教でありますが、異次元体験もあるようです。幽体離脱とか。オウムの麻原が、麻薬を使って信者に奇跡のように体験させていたことに 気が付いた坂本弁護士は殺害されました。
ピーターパンの住む「ネバーランド」は、 寝る前や起きる前の、意識がはっきりしない状態が入り口だという話が出ていますが、 これなども瞑想などによって入るのと同じような多次元の存在を教えてくれているようです.
「宗教」というだけで、戦後日本の世の中は毛嫌いする風潮がありますが、 否定するのは
もったいないことです。
よりよく生きるための哲学や人間科学という言葉でもいいと思います。潜在能力は開発するというより、 本能として元からあったものが文明の発達とともに「失われた」可能性もあるでしょうね。
あたりは宗教と切り離して入れると思います。私は小さい時から祖母に連れられ、
お寺に行ったりしました。、(阿弥陀如来像の後輪の中に修行中の小さい弥勒佛が
たくさん彫られていること、 観音様の腕の中に抱かれたくて足元で手を差し伸べる子供の像)
を見た小さい時の記憶。「みんな死んでから、 すこしでも仏様のお傍に行きたくて、
生きている時一生懸命修行しているのだ。」と、

無学だったという祖母ですが 僧侶に聴いた話をよくしてくれました。
良い人は良い世界に帰る。「この世限りではない」、・・だから信じることが出来るからこそ、
現実社会の理不尽にも、耐えられるという事なのではないでしょうか?

私は部屋で瞑想中、(仏のように半眼がいいそうです)。眠ってしまったのか良くわかりませんが、
天上を触っていました。そして掌で木の感触を叩いて確認しています。それ以上が出来ない
(天井を認識して、これが突き破れる筈はないという固定観念がある)本来、この縛りも
取ってやると自由自在に、空を飛んだりも出来るようです。女優のシャーリーマックレーンは

転生輪廻を信じ、前世は日本の芸者だったと信じているほどの日本びいきだそうです。
病気の治った方とか、お寺でも結構聞く話でした。実際に「身近に経験者が居ない」と、
こういう話も信じられないと思います。霊能力というのでしょう。才能の一つで自分が持っていても
気が付かない人も居るようです。
私は、何の役にも立たない夢のようなことですが、現実にはっきり実体験して居る方も居ます。

外国の人気TVのDVDで、ゴースト↓
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88-~%E5%A4%A9%E5%9B%BD%E3%81%8B%E3%82%

主人公が特殊な能力を持ち、人に馬鹿にされながらも、
その能力を唯一信じてくれた男性と結婚し、夫婦で霊能力を人助けに生かすというお話ですが、
夫婦愛に大変感動しました。脳死が日本であまり受け入れられないのは、
死んでお通夜が終わってから、「魂が抜ける」と仏教では信じられてきたからです。
心臓摘出の時は脳死している筈の体が、手を動かし拒むのだそうです。

実話ですが、あまりこのことは国民に知らされていません。
最近はいやがり暴れるので麻酔をかけるそうです。これも残っている神経の麻痺のせいで
「気のせいだ」という医者と、まだ「生きている」という医者に分かれるのだそうです。
実際現場を見れば、生きている人間を解体していくというものです。それこそ幽体離脱でも
できなければ、意識のあるまま肉体が切り取られていくという、おぞましい現実があります。

このような話を、昔々、脳死移植もない昔、梅図かずおが、心臓を盗られたと言って、盗りかえしに来る
少女を恐い漫画で描写していました。

・・・追加
日本映画「おくりびと」の受賞は、日本人の古来からある
「魂というものを敬う」という精神を、上手く映画に出来ていると思います
世界に日本人の独特の考え方が、良い意味で伝わると期待しています。

バンド

幸福の科学の支部  地域と集う行事から   
http://video.aol.com/video-detail/-live-8/3934772865

http://video.aol.com/video-detail/-live-6/72057608443215930/?icid=VIDURVENT01

http://video.aol.com/video-detail/my-lover/2449958210583057170/?icid=VIDURVENT01

2009年2月25日水曜日

劇場公開映画

映画「ノストラダムス戦慄の啓示」   (・・・未来は変えられる)
http://www.youtube.com/watch?v=66x5yFJoGyM&feature=related

映画「ヘルメス愛は風の如く」
  http://www.youtube.com/watch?v=Gg_V3bPAVJs
映画「太陽の法」
  http://www.youtube.com/watch?v=eJNBcd8Rq_0
映画「黄金の法」
  http://www.youtube.com/watch?v=zd0d7TS7Jbg&NR=1

  http://www.youtube.com/watch?v=MsKxS5IbcGo&feature=related 
映画「永遠の法」
  http://www.youtube.com/watch?v=scUtgUqxJcM&feature=related

  

深く想う


現代の人間は、「何か」を、忘れているのでは

・・これは感謝だと思います・・・当たり前のことが

実はそうでない。

すでに必要なものは与えられているが、

気が付かないで、人は多くを求めようとする
立ち止まり、今あるものの中から、「それに気づき」、

感謝をすること。
大切な事であり、それからすべてが、始まるような気がします。


東京の空、冬は、高くて澄んでいますが。

もやもやが心を覆う時、広くて高い空を、
見上げると、しばし開放されるようです。

人間って、・・その悩みってホント小さい・・・
人の一生なんてきっと、宇宙の歴史からすれば、
ほんの一瞬のことなのでしょうに。
吸う、空気がある。お日様が毎日昇ること。

日本に、居られる事も。
・・・感謝かな?

足りないものばかり数えると・・・苦しい
深く深く、物思いにふける時

秋から冬にかけて、よく空とか海の透明感には、
心が引き込まれます。

最近は、電車から降りることも忘れるほど
現実から離れた考え方をしてしまいます。。。
耽っているほどの時間は、ないですが・・・
また、深く考え込みたい、気はするのですが・・・

慌しく日々の生活で流されてます。

2009年2月23日月曜日

ようやく・・・


透明な湧き水が何処からか静かに湧き上がり

泉を満たすように、・・・

心にも、満ちてくる透明な想いがある・・・

静けさの戻った心の池、

投込まれた大石の波紋・・・消えてきた。

荒れた心では、届かなかった優しさが届くようになった。

分かるようになってきた・・・・

一人、嵐の中でもまれていた時にも、ずっとその愛は、

存在していたことに、気がつく。


花が伝える・・・

・・・さくらいろ。



2009年2月22日日曜日

未来への扉

未来への道に繋がるドアは、一つじゃない。それも、
そこにしがみ付いていたら、前に進まないことってある。

不安だからといって、手放さないままに、探しても、見つからない
・・・思い切って手を離したときに、見えてくるものってある・・・。
それこそが真実の道だったりする。手を離すことの勇気とか
、探し当てたものをつかむ勇気とか、それは本人の「心」が
決めていくのだと思う。そしてゴールって何処だろう・・、

何時だろう???死を迎えるときに、棺おけに入ろうとする瞬間に、
はるか昔から歩いてきた、人生の道のりを振り返ってみる・・
・己の生き様を振り返ってみるまで・・

きっとまだまだ、ゴールじゃないはずだ。
Posted by たま at 2009年01月25日 00:00

2009年2月21日土曜日

予知夢の話

どうも、私と母は夢で「人の本性」が見えてしまいます。
予知夢も出来るようです。ただ意識しては出来ませんが、
必要な時に見せられるようです。お互いの関わってる人とかも見ます。
そちらの夢で、私はどうなっている?どんな夢見た?が、会話にあります。
「以前見た夢」は、「今のことだ!」と感じることは多いです。
夢で必要な時は、人にアドバイスを与えることはありますが、
普通に便利に使っています。
向こうの世界の夢も見ます。これは異次元に意識が行っている時です。
向こうの人との会話もあります。
場面が変わる、空間移動の時は異次元のようです。夢も種類があるようです。

異次元には時間が過去、現在、未来の時間が同時に存在します。
過去に「囚われる人」の意識(エネルギー体)は、その世界の過去に
とどまってしまいます。「囚われる」は執着ですから、死んだあと、肉体から
抜け出た(重たいエネルギー体)の集まる(地獄)とか言う世界かもしれないです。
未来社会も異次元にはに確かに存在し、そこで出来たものは時間を経て
現実社会に現われてくるということのようです。地獄での闘争なども現実世界に
あふれるように現われてきます。
予知夢とは、現われる前のその辺を、垣間見てこれるのかもしれません。そしてまた、
この闘争と破壊の現実世界で、亡くなった人たちの想念エネルギーも暗く、荒く、重たい。
現実社会では、こういったエネルギーが増えつつあるが、そうなると
理想や希望で生きる人の発展的なプラスエネルギーは、マイナス想念に負けてしまうので、

現実社会で、プラスの思いを増やさなければ、異次元の「マイナスの創造物」のほうが、
現実社会にたくさん現われてきて、リアル社会で現象化してしまう。
未来が変えられるということは、異次元においてもですが、現実においてもプラスの
エネルギーを出せる人を増やさなければならないということのようです。
御伽噺のようです。ずっと最初は、ただの夢だと思っていました。


しかし、あるとき、「この場面は知っている」 ということがあって、確実に夢の中の出来事の
「現象化」だということに気が付いたのです。
他にも、死んだペットが夢に居て、きょとんとしている、「私の兎だから」と連れて帰ろうとしたら、
白衣を着た、子供たちが、「ようやくそちらのことを忘れかけたのに思い出させて・・、
返って可哀想じゃないか!。」と言いました。
「あなたが、欲しいのは外側の毛皮のような「物」で、本当の中身はこれだよ」、といって

光(エネルギー体)を見せました。「どうするの?もうそちらには、それは持っては帰れないんだよ!」
縫ぐるみのような命のない、兎を抱きしめながら拒否していました。

眼が覚めて枕が涙でぐっしょりで、泣きながら眠っていたようでした。
綺麗な色の夢もありました。エメラルドグリーンが心境のいいときで、湖や空です。

友人にも、似た体質の方が居て、その人は至福の喜びの再、雲から建物から、
黄金色の世界だったそうです。私より感性が強い人です、「悟りの世界」と「善人の世界」は違う。
やや嫉妬しました。^^天国にも段階があると聞いていますので。あと私は心境が悪いと、

暗い岩場から溶岩のみえる場所、枯れススキの河原を
歩いた時もあります。子供のとき死んだ父とは、以前、暗い世界で逢いました。
修行中だといって灰黒い服を着ていました。でも母は最近、よそ行きの綺麗な服に着替え、

別のところに移動する父と祖父に逢ったそうです。

私は子供の頃からよく夜泣きをしたそうです。会社経営者の父が亡くなったあと、
さまざまな不幸がありました。覚えてないけど子供のとき、これからの人生の
予知夢的なものでも見て怯えていたのだと思います。「夢になにか、教えてもらおうと意識して

、寝床にノートを常に用意する」、
それは夢でインスピレーションを受けるための最初の段階と、何かで読み、それから始めました。
あと普通の夢でも、キーワードの物や言葉でも強く残る時、予知や自分の今の心境を
教えてくれていると言う事があります。 私が使っているところを参考に貼っておきます。

http://yume-uranai.jp/category.html 大変、長くなってしまいました。
上手くかけませんでしたが、何かお役に立てばよいのですが・・・<(_ _*)>

2009年2月20日金曜日

まだ、自分には何が出来るのだろうと、問い続けている・・

心に強く残った御法話だったので


『朝の来ない夜はない』より、抜粋

やはり、その日その日を光り輝かせることが大事です。
明日があると思わず「今日、自分は何ができるか。
今日、自分は、どう生きられるか」ということを
問い続けることが大事なのです。私も一日一生のつもりで生きています。

毎週のように全国各地の支部で説法をしていますが、「いつ死んでも悔いはない」
というつもりでやっています。

みなさんも、明日、命があると思わず、今日ある命、今日ある時間を有効に使ってください。
「明日しよう」と思わないでください。

今日やれることは今日やるのです。「明日がある」と思わないで、毎日毎日を闘いと思い、
毎日毎日を宝物のような時間の連続だと思って生きてください。

私も、そのつもりで生きているのです。人生は真剣勝負です。
私はそう思って生きています。
みなさんにも真剣勝負で日々を生きていただきたいと思います。

2009年2月19日木曜日


亡くなった人は天国に帰るんじゃないの?「魂まで消えちゃうの?」
大切な人を身近に亡くしていれば、受け入れられない内容があり、
そのころ偶然、手塚治虫の火の鳥、未来編を、なぜか泣きながら読みました。
しゃくり上げ涙が止まらなかったのを覚えています。
鳳凰編で転生輪廻も知り、此処に私の心の入り口を発見しました。
その延長から正しい神仏への眼を持ちました。 2008年10月20日 20:39
いま、自分でたどり着いた宗教への信仰を持っていますが、此処では管理人さんへの
御迷惑になるので告白はしません。善と悪を、比べられたと言うことは、有難いことでした。
00さんも幸せになっていただきたいです。

「私は・・」ですが、人間の一番の幸福は、心の安らぎにあると思います。
ペットの他愛無い事ですが、窓のレースのカーテンから優しい日差しを浴び、小さな命を
腕の中に抱きしめて、彼女の寝顔をいつまでも見ていると、永遠に時がこのままならいいのに・・
と思ってしまうほど幸せです。それも人生のうちの、つかの間の時間ですが・・・

幸福な時間を持ったという記憶は魂に刻み込み、永遠に忘れたくありません。

2009年2月18日水曜日

休止するブログへ


これからの未来の日本になくてはならない、 「日本人の忘れかけていた精神的な指針」などを、

たくさん、学ばせていただき、それらを堂々と口にする 勇気と自信をいただきました。


好きなことなど、疲れを知らないという状態があります。

肉体的には疲労もあるのかもしれませんが、 そんな時は爽やかな疲労で、 やる気のエネルギーが全身から噴出しているので、 肉体が後から付いてくる感じ。 結局、心の状態・ストレスが肉体疲労を重くしているのだと思います。 プレッシャーに負けない強い精神力を培っていくことが出来れば、 未来を力強く切開いていくことが出来ると思います。

経済の危機を騒ぎ、呼び込んで来てしまった日本の マスコミ報道などの大罪。 被害は自分にも降りかかりつつありますが、気合を入れて、 厳しい現実の世の荒波に揉まれ翻弄されてばかりはいられないですね。 頑張って迎え撃ち、立て直してみます。 ブログ主様も、近い将来、必ず復活してください。待っています 。 本当にありがとうございました
        ~*~☆~*~


【夢の未来へ】抜粋
伝道によって人々の心を救うこと 世界の人々を救おうという念いを結集して、 その念いを、この地上において実現していくこと。 これこそ夢の未来を拓き、 地球を光り輝かせることになる。 戦いはまだ始まったところです。 心に希望の光を持ってください。 あなたがたも一言でもいいから他の人々に 真理を伝えて戴きたいと思います。 「夢の未来は、その小さな一歩から必ず開けます。 一人一人の歩みは遅く、一人一人の仕事は、 たとえ小さくとも、 日本国中、そして世界の人たちが力を合わせれば、 地球を覆っていくことでしょう!」

2009/02/18(水) 00:16:58 URL たま #ncVW9ZjY [編集]


2009年2月17日火曜日

本性について


相手を思いやるということ・・人間らしさ
>本性と言う言葉は意味が深いので簡単に説明できません、
>日本の場合 新聞もテレビも雑誌も人間の善性を基本にして、組み立て ています。そしてそのあまりの多量性をもって人間の耳を聞えないよう にさせて、人間の本性を隠してしまっています。
ありがとうございます。奥の深い、お話です。最近、日本に来た外国の方が、 頻繁に、TELしてきますが、英語なども、私はわからないので適切にうまく教えて あげられなかったりします。 頭が悪いんで、ごめんなさい。といったら、「貴女が頭がいいと呼ぶ人たちは、 自分の事ばかりで、忙しい。あなたの事、私には、分かる。 貴女は知っている・・・本当にやらなければいけないこと。 そしてそれを判って、行なっている貴女のほうが、 頭がいいということ、私は知っている。」 といってくださった・・・、ほんとうに目頭が熱くなった。 そして自信喪失のなか、自分の希望となった。 これが自分なのだという、「当たり前の感情」を、 もっともっと大事にしていきたいと思った
2009/02/17(火) 04:34:03 URL たま #ncVW9ZjY [

2009年2月14日土曜日

信念は神の念


信念は、神念だろう
自分としては、精一杯やる。惜しみなく、全生命を懸けるまで、

人や物事に、あたって見る。そうしてみて「そこまでした自分」 として自分を褒め、

そして諦めることもできる。 ただ、その何処まで、というと

結構ハードルが高いようで・・・・ そこまで行こうと努力しているうち、

心はぼろぼろになり、 諦めざるを得ない状況になる。限界を超えたぐらいから

もう、くいが残らない想いとなっては、いく。 恥とか外聞とか、一時のものだ。

言うべきことは言う・・やるべきことも。 あの時やっておけばよかった~と

後で悔やむくらいなら、 そう思うことになりそうな事もやる。

人は死ぬ時の、心残りが沢山あるほど、 悔しいものはないだろうと思う

きっと亡くなる時は、燃焼しきったといいたいから・・・・



政治家のぽろっと出る問題発言は、政治が公のものという 意識が低く

”自分のための政治家”になっているからで、 うかつな発言も出てしまうのではないか。

本来立場を考えたら身も心も引き締まり、口にする言葉にも 神の御加護が頂けると思う。

命かけても、何が何でも変えようという強い信念があって 初めて本当の情熱がわき

勇気が生まれると思う。 自分の心に嘘偽りのない、魂の波動である。 愛とか真実とか

正義とか、神々も宿る言霊がある。

そして利他の想い、「信念」にも神々は宿り、 正しく導いてくださると思う

その想いこそ、高次元の「神の念」に繋がって、 多くの人の心を動かし、日本を・・・ 世界も

動かしていくことになると思う。
2009/02/14(土) 01:48:03
URL たま #ncVW9ZjY

2009年2月13日金曜日

愛の種類



愛のなかには、無私なる奉仕の気持ちがあるのです。


無償の奉仕の気持ちがあるのです。

「ただ尽くしたい」という気持ちがあるのです。


その思いが純粋であればあるほど、

動機が純粋であればあるほど、


愛は美しいものとなっていくのです。




『愛の原点』より
http://members2.jcom.home.ne.jp/ichikondo/08%20omenkaburi.html
8月16日   浄眞寺(℡03-3701-2029)

(世田谷区奥沢7-41-3、東急大井町線・九品仏)
正しくは「二十五菩薩来迎会」という、浄眞寺のおめんかぶりは3年に1度行われ、東京都の無形民俗文化財に指定されている。念仏行者の臨終の夕べに、阿弥陀様が25人の菩薩さまをしたがえて西方浄土からご来迎になるという、浄土の教えを行事化したものだ。開山呵碩(かせき)上人が、すべての人々が念仏を唱えられるようにとの願いから考えだして300年経つという。九品佛の本堂を現世、上品堂を浄土に見たてて、その間に懸橋、白道をかけ、25の菩薩に扮した信者が金色の面、光背をつけ、衣装をまとって練り渡るので、「おめんかぶり」と呼ばれる

日本の未来





















日本の未来は明るい


世界中の報道によって垂れ流される、
暗黒思想に負けない事だ・・。 物事の見方、考え方を
変えることによって 写し出された、日本の姿、日本の繁栄は、
絶対に揺るがない という発見(気づき)があり、明るい未来の、方向性を感じました。

絶望的な思いに負けずに、「あるべき日本の今後に 焦点を合わせて」、
自らの活躍の場を見つけ、精進していくことで、 厳しい時代を乗り越えていく
自信を得ることができると思います。

日本に誇りを持ち、絶対に私もがんばろうと思います。

どうか多くの人も 悪いメディアに負けずに、強く明るい未来に希望を持ち、
信じて頂きたいと思います。
信じる想いに未来はついていく、 実現化していく、と思います。。。


2009/02/13(金) 00:19:16 URL たま #ncVW9ZjY

2009年2月12日木曜日

日本を変えたい想い



◆日本を変えたい想い
日本人として、誇りと使命感を持つことが大切で、
あとは行動に移すだけ、・・・ 原点ではありますが、

自分は何の為に生まれてきたのか、
何の為に存在しているのか、しっかりと腑に落とし
何度も自分に 言い聞かせておくことは大切だと思います。


年の終わりと初めには、随分多くの人と逢う機会がありましたが、
ネットで、心の奥まで見えない相手と容易につながる時代、
何か、それなのに、時折、むなしく襲ってくる孤独感がありました。

・・・リアルでの付き合いということが、こんなにも感動的だとは
思わなかったという出来事がありました。 ・・・それは、
一生懸命ネットで伝えたくても伝えきれない部分。

目を見て話をすること。 瞳には涙があふれてこぼれそうになる。
時には、それは頬伝い、握り締めたこぶしを濡らす。
そして、励ますために肩に手を置くことや、 背中をさすったり・・・・

同じ苦しみを一人抱きしめていた人に、
同じ思いの出逢いに、頑張って生きようと、 励ましあい、
堅い握手をしたことや、 いっぱいの・・余りにも伝えきれない思いが、
互いに、こんなにも心の中に積もっていたとは・・・

殺伐とした時代だからこそ、昔から日本人がそうしてきて、
忘れかけていること、出来なくなってしまったことは、沢山あります。

今こそ必要なのではないか、と感じました。
で、それは、本当に大切なことです。
・・行動するって事を、難しく考える事が多いけど。
ナニを、どうするという時に、ネットだけではどうしても

伝えきれない部分はある。

人としてこのような、ごく当たり前の感情表現ができない悔しさがある。
心の触れ合いが不在では、なかなか世の中は 変えられないと思いました。
「身近な人は、偶然そこにいるのではない」かも、しれない。
もしかして、一番自分の熱い、勇気ある心のことばを
待っているのかもしれない・・・、

そう、思いました。
2009/01/06(火) 21:25:15 URL 心の選択 #ncVW9ZjY

2009年2月11日水曜日

本当に、正しい仕事をしている政治家が、
マスコミによって 骨抜きにされてしまうような国では、
今後、誇りを持って 命をかけて日本を守ろうという、
情熱がなかったら、 未来の日本はありません。
「正しい報道」を評価し、「正しい政治家」も応援して、
押し上げていく。 そういう智慧と力をつけながら、
命がけで国民も、 訴えていく、時代になってきたと思います。
2009/02/04(水) 14:43:00 URL たま

投稿から

・行動って型でなく、各自の心から
湧いてきた想いでもいいと思っています。
道だって、高速道路ばかりではないし、
歩いていく人も、自転車の人もいる。
でも各立場、キャラクターがあってそれぞれの人が
その置かれた肩書きの中で、
みんな日本を愛し、何とか役に立ちたいと、願っている・・・。
思ったこと、素直にコメントさせていただけることも、
有りがたいです。

「日本の行方を見守るという」、心の行動もある。
そのうえで「勇気という心境」が、
この先出てくる時もあるかと思います。

何か日本の為に役に立ちたいという、
「自分の心」を育てていこうと思っています。
素直なお気持ちについ、お答えしてしまいました。
なんのご参考にもならないと思いますが、私の考えです。

・>道だって、高速道路ばかりではないし、
歩いていく人も、自転車の人もいる。
私も、私のペースでがんばります。
うまく言えないんですがとても嬉しかったです。
あたたかいコメント、有難うございました。
おやすみなさい


・完全な人なんて、いないと思った時がありました。
なにも出来ないとか言って自分を裁いたりして落ち込んだ後に・・。

励ましあって助け合って、
・・そうやって、日本人は、
古くから結びついてきたのだと思います。
同じ様な思いの方がいらしたこと。
頑張ろうとされてること。
私こそ嬉しい。
励みになりました。
ありがとうございました

みんな苦手な分野もあって頑張っている
日本を立て直すために、みんな自分のできるところから、
行動しているわけで、苦手な部分もあります。
各自が違いを、主張ばかりしたら
今の政治体制の問題と、同じになってしまいますよね

2009年2月10日火曜日

愛の大きさが、その人の器。


人を愛し、人を生かし、人を許せるか。

青年のこころとは、大きな理想だ!

あれは駄目、それも駄目って

・・・前例がない、
慎重に・・・・・とか言って、
「考えを変えないという、考え方」が、
多くの人の考え方を占める、日本。

当たり前の考えの世の中になったが
「これでヨシ」と思ったところから、壊れ始めていく。

歳をとると傷の回復も遅いという。
若者は回復力がある、だから
何度もやり直せるという意気込みで、
何事もチャレンジしたらいいし、

年老いてもリスクに怯えない人は、
青年の魂を持つ限り、「永遠に青年」というのだろう

2009年2月9日月曜日

Commented by たま at 2009-02-02 07:24 x

>人間、同じようなことを考えて、「悟り」のようなものを見つけても、また、忘れて、同じような(or 別の)回答を求め、堂々巡りをしているようだ。

頭でしか、判っていないことは、又、何度でも似たようなことがあると、
同じようなことをする・・・繰り返してしまう。人間なんて普通はそうでしょう。
人生で何度も繰り返すことで、問題意識を持ち気をつけるようになっていく。
自分の心が傷ついたり、人を傷つけたり、イヤになってくる。
繰り返さないように踏みとどまる・・・腑に落とすというか、魂に刻み込む。

そうやって、ある境地にまで染み込んだものが、本当の悟りのようです。
仏教では、こうやって魂の”悪癖”?のようなものを、無くし、来世(天国)とか、
(次回の転生)に持ち越さない事が一番大事なこと、と説明しているようです。
心が進化していくのでしょう。

2009年2月8日日曜日

たまコメント2009,2,7

論理的な考え方は、感性で生きてる女性は苦手なのではないでしょうか?
女性でも、わり切って仕事をこなす、バリバリのキャリアウーマンが
友人にいますが、物事をブロック状にして考えるといいます。
一つのブロックに取り組んでいる時は、他のブロックの中のことは考えない。
・・・どうも男性もそのようですね。余計なことを考えずに、
仕事に打ち込めるということですね。

一つのテーブルの上に全てが載っているのが女性・・
という考えがあるそうで、全てに引きずって考える・・・。
さらに私の場合、てんこ盛りで、ごちゃごちゃです。
ただし・・・、全てにおいて、「愛を込める」ということも
女性は得意、ということなのかもしれません

2009年2月7日土曜日

そういえば・・・

自分のために世界があると思った人、
世界のために自分があると思った人。

この違いが、天国と地獄への行き先を
決めるんだって聞いたことがある

・・・自分は今どっち??┐( ̄ヘ ̄)┌

ブログ アーカイブ

自己紹介

自分の写真
許せないと思うと、 頑張って突き進んでしまうタイプ。