フォロワー

2010年10月25日月曜日

ひとりじゃない

http://www.youtube.com/watch?v=le_1dX8EzqU




2010年10月23日土曜日

大阪=尖閣 緊急抗議デモ

http://www.youtube.com/watch?v=nVxpkGkYC0Q







http://www.youtube.com/watch?v=1E8VTXKp-Vk


2010年10月18日月曜日

10/17横浜デモ幸福実現党

http://www.youtube.com/watch?v=XGeIX9zqmhU






http://www.youtube.com/watch?v=V8K7B94W3dw





http://www.youtube.com/watch?v=gd9ZgHearFI





10月17日(日)、神奈川県本部主催「このままでは日本が危ない!『尖閣諸島を守れ­!緊急抗議デモ』」に、1,500人の党員・有志が横浜公園に結集し、力強くデモ行進­を行いました。
今回は地元党員が、APEC(Asia Pacific Economic Cooperationアジア太平洋経済協力)の開催地である横浜でデモを行おうと声­をあげ、 警察が厳重に警備する横浜の中心地でのデモ決行となりました。
この日は天候にも恵まれ、多くの人々が賑わうなか、
県庁前や伊勢佐木の目抜き通りを、
「尖閣諸島を守れ!」


「日本は弱腰外交をやめよ!」


「中国は民主化せよ!」


「ノーベル平和賞の劉氏を解放せよ」


と力強く訴え、行進しました。立ち止まって耳を傾ける通行人も多く、APECをひかえた横浜市民の、この問題に対す­る関心の高さが伺えました。
詳細は http://www.hr-party.jp/

2010年10月13日水曜日

続、2010,10.11「宗教の復活」本会場愛知体育館 

続、2010,10.11「宗教の復活」本会場愛知体育館 

衛星会場3400か所


   
http://blog.goo.ne.jp/sakurasakuya7/e/09dd62e7967f5c2f70e3c891a9a4ccb9の続き

今の政府が唱えている地方分権という考え方を外交の責任を
欠いた、責任逃れるために、沖縄の那覇の地方の検察庁の一部
役所の出先機関に判断を任せて政府は関係してないと言ってい
ましたけど、卑怯です。外交は国家の中枢で責任を持って判断
すべきであって、地方で責任を負うべきという考えは卑怯な考
えだと思います。


米軍基地も移転するかどうか、県外に移転するかどうか、知事選
でも問われるけど、沖縄の民意で判断してもらって、その結果を
見て国が考えると言ってるけど、こういう形での考えは基本的に
は卑怯。自分たちが責任を取らない体制を意味しています。
地方の責任、官僚の責任にしてるけど、自分たちの責任取らな
いとこ、非常に問題が大きい。


国家の行方、方向性は民主党だけでなく、自民党の時からその
傾向は始まっていたと思います。二大政党だけで民意が判断できる、反映できるとは考えられない。憲法改正など通らない。


世の中簡単に受け入れないけど、平和を愛する諸国民に囲まれ
てるというのが前提。

平和を愛する諸国民でないとはっきり断定できる国、はっきり
言えば北朝鮮みたいに核開発し、国民を弾圧し、威嚇してくる

ところに対しては九条の適応を外してもよいと判断すべきかと
思います。
中国においても平和的友好りに、経済交流、発展し、友達として
友情が結べることが平和だと思うけど、国民の大多数は共産党政権の弾圧下にあって、自由にものが言えないということが明らかになったと思います。


根本にあるのは自由な考え方、価値観。時の政府の反対をする
批判を聞く耳を持つという態度を国家が持てるかどうかが大国
の条件の一つだと思う。いろんな批判を受けて改革すべきはする。
伸ばすとこは伸ばす。大きな会社でも同じ。そういうやり方だ
と思うんですね。私は中国の方、平和賞をもらわれたこと、


ノーベル委員会の人は勇気ある。波乱が起きること、中国の反発
をうけることは当然予想してたと思うけど、国民が受賞したことを、
喜びを一つのきっかけにしてほしい。


世界の未来を見る時の不安定要素が、中国という国がどっちに
向いているかにかかっている。


この国が本当に平和と世界の繁栄と調和に行くなら世界は明るい方に輝くけど、数十年遅れの帝国主義を追求するなら世界は大変な時代を迎える可能性があると申している。


ヒトラーの時代にもドイツの力を誇示する時代があった。

周りの国は勢いに押されてヒトラーが近くを占領しても融和政策


をしてたら、大戦が起きた。そうしたことにならないように中国
の方々にも自由、民主主義、繁栄主義へ導いていこうと努力して、決意してほしい。そうした努力を惜しんではならないと思う。

その根拠にあるのはやはりこれが、信教の自由だと思うんです。
宗教を信じる心だと思うんです。
この世の人過ちを犯す。一時期間違った政治理念が、国、いろんな地域を覆うことがあります。

常に神仏の目を常に維持をすることで必ず世界は変わってくる。

中国の民衆も底流には信仰心が流れていると思うんです。


仏教国であったはず。儒教、道教、老荘思想もある。尊敬する念
は民衆の間に深く流れていると思う。それが抑えられている。
なぜか。統治に便利、政治において、一元化にすることで押さえる、人々を抑え込むのに便利ということ・・・十数億の人の幸福を守るということと比較した時に考え方を柔軟にした時に道が開けると思う。


中国が覇権主義に走ってるというのは世界的にそう見られている
今こそ進路を変えるべきだと思う。


経済的発展されました。しかしながら、軍事予算拡大に費やして、
地方に貧しい人がたくさんいるのにそちらへの配慮をしないで、
ただ軍事に向かって行くのは良くない。


これはワールドティーチャーとしての言葉です。


世界教師として言います。それは正しいことではありません。
農村で、電気、道路通ってない所がある。住処を持ってない人が
たくさんいるんです。


予算はある。軍事に使ってるけど、最終的に幸福への道に
つながらない。アジア、アフリカの諸国が怯える時代がやってくる
と思います。13億になる人が資源、エネルギー確保するために
軍事的な拡張主義を取ってきたら怖いです。イナゴの大群と言いますか、イナゴのように移動していくようになる。


そういう意味でも日本という国はアジアの中において、アジアの
諸国やアフリカ諸国に代わって、ちゃんとものを言える国に
ならないといけない。意見をはっきり言える国にならないといけないと思います。今アメリカと決別すべきときじゃないと思います。
力を合わせて世界の正しい秩序、人類が幸福になる道に導いて行くことが仕事だと思うんです。


そのもとになるのは自由に考えを述べることができる世の中にする。言論によって投獄されたり死刑にされたりする国ではなく、その方向に世界を導いて行くことが大事です。その国に住む、国の人たちの幸福のためにそのほうがよいと言っています。


日本は信仰心30%しかない国だけど、少なくとも鳩山首相、菅首相、2代続けて首相をガンガン批判してるけど、投獄されてません。その意味ではここはいい国です。その分は進んでると思います。


ここが中国なら刑務所に入ってる。2年も入ってる。言える国だからまだ進んでるけど、まだ足りない。


未来を指し示す国にまだ足りない。近隣アジア、アメリカにおいても静かな革命を起こしています。


仏法真理という名の真理を浸透させることによって常識を覆そうと
している。本来の世界に返そうとしています。本来の世界に導いていこうとするものあり、その方向に道があるから明示しようとしています。この衛星は一部中国にも入ってる。あるいは私が映っている画面が真っ暗になってるかもしれませんけど、どうか中国の皆さん、大川隆法の意見を聞いてください。日本の利益のためだけに言ってるんじゃありませんから。アジア、アフリカ、ヨーロッパ、アメリカの人のためにも言ってるんです。


世界を平和と発展繁栄のために導きたいと言っている。ジンギスハンの再来なんか必要ない。

覇権主義やめて、もう少し民主主義の考え方を統治の原理に政治の原理にいれて、政府批判も許すようにして、大国の条件を
備えて、日本と対等に話せるようにしようじゃありませんか。
戦争のない時代を作りたいんですよ。このままなら反作用が起きます。核兵器を持った大国がその武力で資源争奪のため、アフリカに圧力をかけ、ヨーロッパやアメリカに対しても支配を強めようとしたら何かが起こりますよ。


ロシア、北朝鮮、中国、イランこうしたとこが魔(?)となって現れてる。新しい火種が起きようとしている。
第3次大戦の目が出来ようとしてるんです。なんとしても防がないとならないんです。中国に軍事拡張やめ、覇権主義やめ、またこうした核による周りの国への威嚇を止める方向に、世界に対して大きく舵を取ることを発表していただきたい。そういう風になっていただきたいんです。


中国国民のためになることだし、そうしなければ日本は世界を
守るためにも、もっと自立した国にならなければいけないし、
九条の適応というのは、国民を弾圧し他国を侵略するものには、


九条廃止の判断をするしかない。そういう方向に導きたくないけれど、今出てくる預言書に、未来に対して厳しい警告が出ている。
警告が正しかったことは明らかになってきました。来年以降もっと
はっきりわかってくる。民主主義をきちんと理解していない。


・・・2週間論戦しました。菅と小沢、外交の論戦は全くありません
でした。逃げてました。そうなったら、その中から自分たちを責めら
れることが出てくるから。経済利益大きくするために取引拡大を
考えてるかもしれないけど、最初に言いましたようにノーベル賞を


出したのと同じ。経済的利益のために正しさを捻じ曲げてはいけないということをはっきり確認しないといけない。


その意味において正しいことは正しいと言い続けなければならないし、日本も万一の時にはアジア、アフリカの防波堤になるべくはっきり主張しないといけない。

かつて日本・・侵略されたというかもしれない。
侵略されたという国家であるならばこそ、侵略国家にならないと


宣言すべきだと思います。過去300万以上の犠牲を出して、
アジア、アフリカにおけるヨーロッパの植民地無くなった。
彼らが独立できたという事実は、その事実は日本人として言わないといけない。黄色人種は白色人種に勝てないという、白人優越神話があったために支配されてたものが、独立できるようになりました。
黄色人でも帝国主義で侵略できるということがあってはならない。


日本が過去を反省するならば同じことをしてはならないということ
を言うべき立場にあると思います。北朝鮮も核武装をやめ韓国と仲良く交渉できる平和国家になってほしいと思います。
キムジョンウンもディズニーランドに来たと言うじゃありませんか。


ディズニーランドに来たかったら来たらいいんです。
堂々と来れるようにしなさいよ。日本は不当に逮捕して死刑に
したりしませんから。


平和的国家として・・・  中国を日本人はこわがってる。
麻薬を密輸したら死刑に出来るようになってるので、こっそり
ポケットに入れられたら死刑に出来る。ビジネスマンは怖がっている。

左翼批判をしている人も怖がっています。あっという間に捕まる。


言論の自由を守りましょう。そのもとは信教の自由です。
内心の自由から表現、行動の自由は生まれています。内心の自由は実は神仏を信じる自由です。信教の自由なくして内心の自由はありません。
心の中で自由に神、仏を信じることが出来なければ、・・・・
行動の自由も出版の自由も守れますか。
これが宗教の復活が必要である意味だと思うんです。ですから
私は戦いをやめません。

幸福の科学の仏法真理を広げたいと強く強く願う者です。

日本全国で聞いておられる皆さん。


世界各地数カ国で聞いている皆さん。
私の本心を理解してください。ワールドティーチャーとして
私は言い続けます。
世界の未来を拓くために正しいことは正しいと言い続けます。




批判するならどうぞ。


しかし私は信念を決して曲げません。
それが幸福の科学です。


私たちの考え方に賛同してくれる人が増えることを
心より願います。
ありがとうございました。














<(_ _*)>










2010,10.11「宗教の復活」本会場愛知体育館

2010,10.11「宗教の復活」本会場愛知体育館

 衛星会場3400か所
日本全国の皆さま、世界で聞いておられる皆様こんにちは。
今日は愛知県体育館で比較的大きな講演会が出来ます事を、
またいい天気にも恵まれましたことをとてもうれしく思います。


今日のテーマは「宗教の復活」ということです。大きなテーマ
でもありますし、今、私の願うところ、幸福の科学の願うところ
を率直に述べるということでもあります。


私たちの使命はこの20数年間の活動の中において、毎年毎年重くなってきていると考えます。


最初は小さな範囲の活動でしたが、今は日本全国は当然視野の中に入っておりますと同時に、世界にも目が向いております。

今から20数年前に、正確に言えば活動を始めたのは1986年ですから
24年前ということですけど、世界の人々の幸福に対して責任を持ちたいと思うまでは、志は届いてなかったと思います。


しかし今は違います。日本全国の皆さま、そして、全世界の皆様に対してメッセージを伝え、未来の幸福への道を指し示すことこそ、私たちの(後世への?)使命であると考えております。

この24年間の活動の中において常に正しさとは何かということを考え続けてまいりました。


その時点での世間の常識とか、その時点での文化とか、人々の多数の考え方、そういうものにとらわれることなく、正しいと信じることを言っていました。
時代はゆっくり後からついてきたかというように感じられます。
むしろ、この国において責任を持つ言論を、主張することができる
人が数少ないという状態においては、自ら喜んでリスクを持って発言しないといけないと思います。


さらに申し上げれば、この国の国民に対して責任を持ってるはずの政治家が、選挙で当選することを目的とするために本音を語ることができず、世論に迎合してオピ…に陥ってることに対し大変残念に思います。


マスコミ主導型の政治に間違いがあると指摘して来ましたけど、
最近では考え方が変わってきて、マスコミが悪いと言ってるだけでは解決しないと感じるようになりました。


そのもとにあるもの、人間の考え方そのものを変えるように努力し、正しさとは何かを訴えないと使命を果たしてないんだと感じるようになりました。


マスコミが与える影響は大きいけど、根本は価値判断だと思います。その価値判断のもとにあるのは何が正しいかということだと思うんです。何が正しいかということは過去は振り返ったらわからないわけではないですが、現在ただ今、未来に関して、何が正しいかを断言するのはとてもとても難しいことであろうと思います。その意味において、マスコミを責めるつもりはありません。


これは政治家が本来の使命を果たせてないなら宗教家がやはり先陣を切って責任をとり、使命を果たすことを考えております。
何が言いたいかというのが少しずつお分かりになってると思いますけど、今日は日本3400か所で、衛星を見ておられます。海外にも伝えられてるので世界数十カ国聞いておられる人がいます。


その中では私たちが言うことを素直に聞ける方、若干立場が違う
と感じられる方もあろうと思います。


しかしこれから私が述べることは日本においての国師としての立場の意見です。国師大川隆法、何も恐れることなく正しいことを述べるつもりです。


それが、日本一国のためでないことを明言すべく、国師のみならずワールドティーチャーとして、世界教師の立場で、世界はこういう方向へ向かって行くべきだと述べていきたい。


その中では一部の国家の中の現在の政治において、やや反対に聞こえる場合もあるかもしれません。しかし私が言うことはそれぞれの国の人が幸福の未来を求める権利があるということを原理として話すということを思う次第であります。


まず直近の話から申し上げます。非常に時事的問題でありますけど、最近では尖閣列島の問題が日本でも話題になってますし、諸外国からも注目を受けております。
国土の領有権の問題ですね。もちろん国土の領域をめぐっての紛争は各地であるから、よくある話を取り上げて大きい話にするのは


問題ありますが、問題にするのは尖閣で起きた漁船の拿捕、船長の逮捕、検察庁による取り調べということが起きてる段階の中で、日中間で摩擦が起きたことの分析をひとつ、宗教家の立場でいうべきかという風に考えております。


私たちが問題としているのは、単に漁船の活動や、漁業権の問題ではありません。もっと大きな問題です。人類の未来をどう設計
するかということにかかわっているということです。ここ2,3年
言い続けてますけど、超大国のアメリカが様々な経済問題、世界での軍事活動の結果、衰退あるいは自分たちの国の使命を後退させてるように見えます。そういう中において、一方アジアで中国が超大国としてのし上がってきて、世界史の表舞台でスーパースターになるべき主役が代わるかどうか、分岐点に立ってると思います。


その中で日本が何ができるか、何を成すべきかが大きな問題だと
思います。


先ほど中国では初めてノルウェーのノーベル賞委員会から
(ノーベル平和賞に)政治思想家の劉氏が受賞いたしました。
政府により投獄され11年も経っているそうです。彼の主張している内容は、共産党の独裁が宜しくない。もう少し複数の政党で民主主義的にしようというのが、自由な国に還るべきだと主張したことが、反逆罪に当たる革命的行動に当たると称し、刑務所に入れられた。


ノルウェーが判断間違えてはいけない、中国の圧力に屈しては
いけないということで、中国では犯罪者に当たる人に賞を与えたと言っていた。実際劉氏の受賞を伝えるテレビで、日本の国営放送であるNHKのニュース、およびアメリカのCNNニュースでノーベル平和賞を伝えるニュースが突然ブラックアウトし、真っ暗になって国民に知らせないということが起きています。


知らせるべきニュースでありましょうけど、知らせない事件が
起きました。


これを見て尖閣と結びつけると、まだまだ日本のマスコミや
民主党政権与党、財界も甘い考えを持っていたとよくわかります。
経済的繁栄を求めてる国だからもう同じ土俵に立ったと理解して
たんじゃないかと思いますが、まだ一党独裁国が厳然として隣国
に存在するとわかりました。本質は北朝鮮と中国が変わらないと
思います。ノーベル平和委員会も言っていましたけど、中国も
大国になったのだから大国の義務がある。批判を受ける義務がある。


大きな国は周りに対して影響を与えるのだから批判を受ける義務
があると言った。勇気ある方どうだったと思います。中国にとっ
ては内政干渉、西側の押しつけという反発を成されてるんだと
思います。


日本という国においても考えてみても同じような問題があると思
います。日本国民に対して真正面から「あなたは宗教を信じてますか」ということを問いかけたら「信じてます」と正面から返せる人は30%くらいだろうと言われている。70%くらいの人は信じてませんという。


習俗として、文化のレベルとして、正月に神社にお参りに行くとか、お盆にお墓参りに行くことがあっても、宗教を信じてるということではない。


…であるとするなら日本の国民においても多数決を取ったら宗教的ではない意見が多数を占めるということを意味している。それがどういうことかというと、何らかの価値判断、何が正しいかということ。
要するに人間をこえた世界、神や仏の世界において正しさがあってそれに向かって努力すべきだという考えを多数が持ってないということを意味している。


30%は信じても、結論としては常識として、神仏は信じない、あの世は認めない、宗教認めないという考えが多数を占めてるなら、それは政治においても教育においてもマスコミにおいても、多数が支持するということ。


この意味において日本の発展繁栄が外見的にあるように見えても、中国のものとそう大きく変わらないかもしれないと考えなけれ
ばならないと思うんですね。人間心をこえた正しさあると思えば人は謙虚になり、そのこの世の勢力構想や戦いをこえて永遠不変的正しさを求める崇高な心を持ち続けること出来るけど、なければこの世において長いものにまかれろ・・・通訳の方難しいですね。


強い者に弱い者は従う方が幸福だと考える、得になるという考えが当たり前の世の中になる。勇気を持って提言し世の中を変えようとする人が少なくなっていくと思う。現状できた政府、法律とかを


乗り越えて未来社会を作るために行動する、勇気の行動するためにはこの世を超えた価値観を持たないと勇気は出てこないんです。


日本であれば150年近い前、吉田松陰という人がいて、アメリカからペリーの黒船艦隊がやってきた時、単独で船に乗り込んで、他の条件も加わって死刑になりました。今は尊敬されてますけど、吉田松陰が船に乗り込んでアメリカを見てこようとしたことに何の間違いがあったでしょうか。


明治において明治維新で龍馬は人気があるけど、土佐藩、高知県を脱藩して、脱藩浪人として日本の新しい国造りに活躍したけど、脱藩したのは犯罪だとして追いかけられる。おかしいでしょう。


今から考えたらおかしいけど、その時はそうだった。


経済もそう、後から見たらおかしいことにどう見てもおかしい考え方にとらわれてることが相当あると知らないといけない。その中から


未来を拓いていくのは、勇気ある一部の方々である。勇気ある方々は地上を超えた霊天上界、仏、神の心を心としてやらなければこの世での常識や法律の力を乗り越えて、行動するのは難しいだろうと思うんですね。


私は日本国憲法が制定された時、日本国が再び戦争に巻き込まれることがないように平和国家を目指したのは尊いと思います。


しかしながら日本国憲法制定時においては日本一国は侵略的な国家であって1億人総ざんげ、総反省で作られ、日本以外の、世界は平和を愛するいい国、日本だけ懺悔という感じで作られた憲法だと思います。


現実には北朝鮮を見たら国民は軍事、独裁によって経済的にも圧迫され、不当な人権障害(?)おきて、国から立ち去る人が後を絶たない。日本人拉致したのにそれを取り返すことさえできない。


それを何も恥じることがない。無法状態。国内法でしか考えてない。世界の国際法通用しない国家であるとよくわかった。日本の首相以下残念ながらきちんとした意志を貫けなかったのは残念でしたね。






アマミさんから転載 (*´∇`*)






 [②へ続く]














(^▽^;) 

2010年10月12日火曜日

「劉氏,平和賞」中国が「対抗措置」でノルウェー漁業相との会合中止

「劉氏,平和賞」中国が「対抗措置」でノルウェー漁業相との会合中止


 2010.10.11 http://sankei.jp.msn.com/world/china/101011/chn1010112029009-n1.htmm


ロイター通信によると、中国は11日、ノルウェーの


ノーベル賞委員会が中国の民主活動家、劉暁波氏にノー


ベル平和賞を授与することを決めたのを受け、13日に


予定していたノルウェーのバルグハンセン漁業・


沿岸問題相との会合を中止した。ノルウェー当局が明ら


かにした。


 同国の当局者は、平和賞授与への対抗措置だと述べた。


ノルウェー側によると、バルグハンセン漁業相は


11~15日の日程で訪中。上海万博のノルウェー館で


開催される「漁業ウイーク」に出席するほか、中国の農業省


当局者らと北京で会談する予定だった。






 漁業相はノルウェー紙に「ノーベル賞委員会は政府や議会


とは独立している。気に入らない人物が賞を授与されるから


といって、ノルウェーに対抗措置をとるのは筋違いだ」と


指摘した。(共同)









* ̄0 ̄)ノ ノーベル賞委員会は、中国の圧力の中、


劉暁波氏にノーベル平和賞を授与することを決めた。


対抗措置をとるかもしれない。。






そんな中、正義のために勇気を持って






屈しない姿勢を貫いた精神。


本当にその願いをこめた価値のある賞だと思う。。






尖閣問題の時期と同じくして、世界の注目はいまや、


中国にある。。中国の未来の明暗は、


これからの中国の選択しだいだ。。








・・それは世界の明暗でもある。




; ̄ロ ̄)

2010年10月3日日曜日

10月3日は、大国民デモ集会開です!!

10月3日は、大国民デモ集会開です!!


ハピネスレターを転載いたします。



【以下メルマガ転載します】



皆さま、おはようございます!

東京・新宿において、10月3日(日)



「尖閣諸島を守れ!東京緊急デモ」を決行させて頂きます!



デモを通じて、中国政府に対して「尖閣諸島は日本の固有領土であること」を訴え、日本政府に対しては「毅然とした態度で国家主権を守り抜き、自衛隊の尖閣諸島への即時配備」を訴え、日本国民に対して「自分の国は自分で守る気概」を訴えて参ります!



☆゚・*:.。. .。.:*・゚



【「尖閣諸島を守れ!東京緊急デモ」のお知らせ】



日時:2010年10月3日(日) 12:20~

※出発時間:12:45~(集合場所:新宿中央公園)

※終了時間:13:45~14:15頃(解散場所:柏木公園)

デモに先立ち、11:30~新宿駅西口において、立木党首、松島幹事長をはじめ有志数名が街宣させて頂きます。



集合場所:新宿中央公園 水の広場



主催:幸福実現党



☆゚・*:.。. .。.:*・゚

25日未明、沖縄・石垣空港で釈放された船長は飛行機内に入る際、両手を高々と上げてVサインをし、「勝利宣言」を行いました。金網越しに見守った石垣島の住民からは罵声が飛び交いました。沖縄・与那国島にある与那国町漁業協同組合の中島組合長は、帰国する船長と日本政府の対応に「怒りを通り越して気絶しそうだ」「中国側に拿捕されるかもしれないと思うと、近くに漁に行けない」と怒りを露にしています。



田原総一朗氏は日経BPnetのコラム「『尖閣』、日本人は怒りを忘れてしまったのか」で「今、非常に不思議に思っていることがある。なぜ、日本でデモが起きないのか、ということだ。もし日本でデモ活動が行われ、それが中国側に伝われば、『日本は怒っている。これは何とかしなくては』と思わせることができるかもしれない。デモ活動は外交の手段でもあるのだ」と述べています。渦中の沖縄、そして多くの人々が集まる日曜日の新宿において、お誘い合わせの上、力を合わせて、国民世論の転換を実現して参りましょう!



また、デモに参加できない全国有志の皆様におかれましては、10月2日(土)、3日(日)に、地元の主要駅等での辻立ち、ビラ配布の取り組みにより、是非とも全国的な抗議行動を起こして参りましょう!!



【以上、転載終了いたします】



中国は、やや軟化しているように見え、菅政権に対しての援護射撃を行っているようですが、そうはいきません!!私たち幸福実現党は、徹底的にこうした戦略にだまされることなく、菅直人、仙石由人に対しての糾弾の手をゆるめることはいたしません!!



ぜひ、一人でも多くの方にご参集いただき、この大デモ集会を大成功させましょう!!





こぶな将人さんブログから転載しました

http://blog.canpan.info/kobuna/



(*´∇`*)

自己紹介

自分の写真
許せないと思うと、 頑張って突き進んでしまうタイプ。