フォロワー

2011年6月21日火曜日

ミモザの「宇宙観察ダイアリー☆」。

スカイライン」

「スーパー8」


トランス・フォーマー3

「世界侵略:ロサンゼルス決戦]


【ミモザの宇宙観察ダイアリー♯008善い宇宙人と悪い宇宙人】
本日のコラムは、編集部員ミモザの「宇宙観察ダイアリー☆」。

今年は、宇宙をテーマにした映画が続々公開されます。
「スカイライン」http://www.youtube.com/watch?v=Tsi_FR1TljM
「スーパー8」http://www.youtube.com/watch?v=ERXMWDz3MtI&feature=related
「トランス・フォーマー3」
http://www.youtube.com/watch?v=kHRf01Gjosk
「世界侵略:ロサンゼルス決戦
http://www.youtube.com/watch?v=yqcvu4U3Sh4


」……。
80年代に流行した海外ドラマ「V」も2009年からアメリカでリメイク版が放映され、
日本でもほどなくDVDが発売に。また3月に公開されたドラえもん映画も
今年は宇宙人がらみでした。

宇宙ものの映画って、なぜか「地球が侵略される」というストーリーが多いですよね。
しかも、これから公開される映画には、ラストが必ずしもハッピーエンドでは
ないものもあるようです。無防備にそんな作品ばかり見ていたら、
「宇宙人=悪」「宇宙人=怖い」というイメージに洗脳されてしまう!

私たちの多くがそんな価値観を持った状態で、地球の宇宙技術が
向上して、宇宙人と遭遇したらどうなるでしょうか。私たちは疑心暗鬼になって
鎖国(鎖星?)しようとするか、宇宙人を先制攻撃してしまうかもしれません。

でも、例えば明治維新のときを思うと、科学技術で劣る地球人は
開国(開星?)せざるをえなくなり、その過程では、長州藩がフランス船を
攻撃して下関戦争が起きたように、自ら宇宙戦争を招いてしまう可能性も……。

明治維新のように、最終的にうまいこと開国するためには、「宇宙人=悪」と
いう考え方はちょっと危険ではないでしょうか。あのホーキング博士は
「宇宙人=悪」説を押しているようですが、地球人にも善人と悪人がいるように、
国にも悪い国と正義の国があるように、宇宙人も悪い宇宙人だけではなく、
善い宇宙人もいるのでは?とミモザは思います。

ではなぜ、いい宇宙人の映画が少ないのか……と考えたときに思い当たるのが、
「宇宙協定」。UFO・宇宙人好きの人なら聞いたことがあると思いますが、ざっくり言うと、
「その星の文明が宇宙を自由に有人飛行できるレベルに達していない場合
(つまり今の地球)、その文明に介入してはいけない」というもの。

悪い宇宙人は協定破りスレスレのところで、
「宇宙人は怖い」というイメージを植え付けるような情報を流しているけれど、
善い宇宙人は協定を律儀に守っているために情報が少ないのかもしれません。

宇宙ものの映画やドラマを見るとき、知らないうちに
洗脳されることのないよう、気をつけたいですね!

「Are You Happy?」編集部 ミモザ
-------------------------------
☆「Are You Happy?」7月号「豊かになる人の心の法則」絶賛発売中!

☆ご意見・ご感想はayh@are-you-happy.comまで。

「Are You Happy?」編集部

2011年6月18日土曜日

日本を守り抜く!国民集会」開催!!


日本を守り抜く!国民集会」開催!!






沖縄返還協定締結40周年を記念し、昨日6月17日(金)
日比谷野外音楽堂にて、保守系市民団体の「日本を守ろう国民会議」
(代表:惠隆之介氏)による「日本を守り抜く!国民集会」が開催され、
約1,300名が集結しました!


幸福実現党も協賛団体として参加致しました!


国歌斉唱後、実行委員長の惠隆之介氏がご挨拶され、
その後、知識人・文化人の方々のご挨拶に続いて、来賓の一人として、
幸福実現党ついき秀学党首が挨拶致しました。


沖縄からも数十名が参加し、眼前に迫った危機を訴え、
「尖閣・沖縄」を守り抜く決意を込め、鬨の声が発されました!


集会後、冷たい雨を吹き飛ばすかのような
熱いデモ行進が行われました!!


デモ隊は日比谷から外務省、財務省、文部科学省などの
主要官庁が立ち並ぶ霞ヶ関の中心街を行進し、
「沖縄・尖閣諸島は日本の領土だ!」「弱腰外交、土下座外交をやめろ!」
「菅内閣は即刻退陣せよ!」という


大規模デモ隊の声が鳴り渡りました!


さらに新橋、銀座、八重洲にかけての繁華街を行進し、
「政府は中国に毅然とした対応をせよ!」
「中国海軍の太平洋侵出を抑止せよ!」
「マスコミは国益にかなった報道をせよ!」などを訴え、
約1,300名がデモ行進を行いました!


「日本を守り抜く!国民集会」及びデモ行進の様子は
下記URLからご覧頂けます。


http://www.hr-party.jp/new/2011/7735.html


沖縄・尖閣の危機を訴えるべく、雨天の中、
熱き情熱でご参加頂きました多くの皆様に心より感謝申し上げます。


☆゜・:.。. .。.:・゜


昨日6月17日、幸福実現党は沖縄返還協定締結40周年に寄せて、
意見広告(全面広告)を産経新聞に掲載いたしました。
下記ページより、画像をご覧頂けます


(PDF及びJPGのダウンロードもできます)


http://www.hr-party.jp/new/2011/7788.htmll


また、同じく昨日6月17日、


幸福実現党は宮古新報、沖縄タイムスに
「尖閣危うし!」と題する意見広告(全面広告)を掲載致しました。


下記ページより、画像をご覧頂けます


(PDF及びJPGのダウンロードもできます)。ぜひ、ご覧ください!!


http://www.hr-party.jp/new/2011/7763.html


☆゜・*:.。. .。.:*・゜
◎本メルマガは自由に転送、転載いただいて結構です。


◎幸福実現党 公式サイト http://www.hr-party.jp/




,

2011年6月17日金曜日

沖縄・尖閣を守り抜こう!

沖縄・尖閣を守り抜こう!







本日6月17日は「沖縄返還協定」締結40周年となる記念日です!


幸福実現党は「沖縄・尖閣を守り抜こう!」と題し、


本日の産経新聞に意見広告(全面広告)を掲載させて頂きました!


意見広告の内容は以下の通りです。






☆゜・:.。. .。.:・゜


■産経新聞意見広告(全面広告)


沖縄・尖閣を守り抜こう!






日本の悲願であった沖縄・尖閣の本土復帰が約束された日。


それが、40年前のきょうでした。


しかし、いまの政権には、国土を守るという意思も気概もありません。


アジアの平和のためには、いまこそ


日本の自立と「日米同盟」の堅持が必要なのです。


《中略》


昨年の「9.7尖閣事件」で明らかなように、尖閣・沖縄の実効支配を


狙っている国があります。


「地域主権」論などを唱えて地方に責任転嫁するのではなく、


国家として守りきるのが政治の責任です。

立党から2年。幸福実現党は国防と経済の危機を訴えつづけてきました。


国難から、あなたを、国民を守るために。




「日本を考えよう。」 幸福実現党


☆゜・:.。. .。.:・゜






■本日6/17、日比谷野音で緊急「国民集会&デモ行進」!


「沖縄返還協定」締結40周年となる本日、


国防の危機が現実に迫る尖閣・沖縄を守り抜く


「国民集会&デモ行進」が開催されます。


本日は雨天が予想されますが、尖閣・沖縄を守るべく、


熱き情熱でこの国を動かして参りましょう!!


【沖縄返還協定締結四十周年記念】

「日本を守り抜く!国民集会」
~日本固有の領土である沖縄・尖閣を守ろう!~


日時:6月17日(金)12:00開場/13:30開演~(雨天決行!)


場所:日比谷野外音楽堂


詳細: http://nipponmamorou.org/news/95//


チラシ(PDF):  http://bit.ly/mFmvKoo


「日本固有の領土、沖縄・尖閣を守り抜く」ことを広く国民に共有すべく、
是非、お誘い合わせの上、ご参加ください!よろしくお願い致します。

☆゜・*:.。. .。.:*・゜


◎本メルマガは自由に転送、転載いただいて結構です。
◎幸福実現党 公式サイト http://www.hr-party.jp/p






,

空白の年金改革

空白の年金改革

  

【増税先行すれど空白の年金改革】

吉井としみつ氏、ブログ転載
http://ameblo.jp/toshi-yoshii777/entry-10925257819.html

2011年6月15日 産経 大田弘子(政策研究大学院大学教授)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110615/plc11061502570002-n1.htm

「税と社会保障一体改革」の6月20日とりまとめに向け、
社会保障改革案が示された。

この改革は当初から、消費税増税に焦点があたり、
社会保障制度については、改革の設計図がしっかり
示されるのかどうか不安があった。

年金改革与野党協議し早期実行を
社会保障改革抑制策逃げては本末転倒案の定、今回の案は
とても、「改革の具体的方向」と言えるようなものではなく、
5%の消費税率引き上げだけが目立っている。
中身が見えないまま、勘定書きだけ渡されたようなものだ。

最近は、震災復興の議論でも社会保障でも、中身の話の前に
増税するか否かに関心が集中し、財源の議論だけが先行する。

まことに不思議な現象である。

来年、団塊世代は65歳になり、年金を本格的に受給し始める。
だから、今回の社会保障制度改革は日本にとって
ラストチャンスともいえる重要なものだった。

未曽有の高齢化を乗り越え、子供の世代までしっかり
持続する社会保障制度の設計図が今度こそ描かれねば
ならなかった。

しかし、「支え合い」という美しい言葉が踊るだけで、
世代間の不公平を改善するための内容はあまりに乏しい。

改革案の最大の欠点は、年金改革が空白に近いことだ。
民主党の公約であった年金の一元化や最低保障年金の
創設という大改革は、
「国民的な合意に向けた議論や環境整備」という
空虚な文言で片づけられた。

年金を大改革するとすれば、その費用はケタ違いに大きい。
ここをうやむやにして、なぜ増税幅が決まるのか、
私には理解できない。

公約を実行する意思があるなら、そのための増税額を示すべき
だし、公約を撤回するなら、潔くそれを示すべきだ。

給付と負担のバランスを立て直し、将来まで持続する
年金制度にするという課題にも応えていない。

年金の支給開始年齢引き上げに言及はしたが、
「引き上げを視野に検討」という役人用語で片づけられた。

その一方で、低所得者への加算やパートタイマーへの
厚生年金適用といった拡充策だけは明確に打ち出された。

それにしても、民主党が描く社会保障制度は
どのようなものなのか。

与党になって2年近くが経ってようやく改革案が出てきた。

野党時代は社会保障の充実を掲げ、年金も医療も激しく
批判してきたが、その民主党が実現したかった
社会保障制度とはこの程度のものだったのか。



*・・・・・・・・・・・・・・・*


【コメント】

「年金の抜本的改革の実現には政権交代が不可欠」と訴え、
国民の期待を受けて民主党は政権交代を果たしましたが、
政権交代後、2年間経っても、年金改革案の方針を示せ
ていません。

記事でも指摘されているように、税制改革の全体像が
示されないまま、消費税増税のみが突出しています。

「社会保障と税の一体改革」と銘打っているのは
「福祉を名目にした増税」の実現という財務省の筋書きに
過ぎません。

今回の改革案では、民主党の「政権交代」公約の目玉であった
「月額7万円」の最低保障年金の創設や年金一元化は先送り
され、結局、「現行の社会保障制度の維持ありき」に
落ち着きました。

その結果、「破綻の先延ばしのための増税」のために
消費税を5%引き上げ、13.5兆円の税収増を図ろうと
しています。

しかし、現行の制度を維持するためには2025年度には
消費税20%程度まで引き上げる必要があるとの試算も
出ており、不況の中での重税に国民は耐えられなくなります。

与謝野経済財政担当相が就任時に
「定年延長や高齢者の雇用促進」を訴えており、
(幸福実現党の政策のパクリではありますが)年金支出抑制策、
労働者人口の増大に繋がる考えですが、「(支出年齢の)
引き上げを視野に検討」と事実上、ウヤムヤにされました。

労働形態が肉体労働中心の時代から、パソコンを使った
デスクワーク中心の時代に移行しており、高齢者が働きやすい
環境ができていながら、そうした機会が与えられていない
ために、年金受給者は増大する一方です。

高齢者が元気で働ける社会になれば、年金受給者は減り、
労働人口が増えてGDPの成長にも貢献し、税収や社会保障費
の収入も増えます。

「不足額を増税で補填すれば良い」という安易な考えではなく
年金の支出抑制、経済成長政策、人口増加策など、政府は
トータルな未来ビジョンの中で、
社会保障改革を進めていくべきです。






2011年6月16日木曜日

座していては日本を守れない!




座していては日本を守れない!



沖縄返還協定締結四十周年記念日の前夜となる


本日6/16(木)21時~の「幸福実現TV」は、


拓殖大学の恵隆之介客員教授(元・海上自衛官)をお招きし、


緊急企画


【沖縄・尖閣を守れ!~マスコミも言わないニッポン防衛事情~】をお送り致します!






放送時間帯(本日21時~)に下記アドレスにアクセス頂ければご覧頂けます!


http://bit.ly/usthrp
☆゜・:.。. .。.:・゜


本日は沖縄第3区支部長の金城タツロー氏より、


「座していては日本を守れない!」と題し、一昨日に引き続き、


3回目(最終回)のメッセージをお届け致します。
☆゜・*:.。. .。.:*・゜






【金城タツロー氏寄稿】


沖縄本島で圧倒的シェアを誇っている地元紙は、


中国の軍事行動には問題はなく、米軍の行動こそ危険に満ち満ちている


と受け取れるような恣意的報道を垂れ流し続けています。






例えば、本年1月に米軍が日本の排他的経済水域(EEZ)内で


機雷除去訓練をしたことについて、


「米軍訓練・不安と怒り・漁師『どこで操業をすれば』」という見出しで


重大な問題として扱っています。


米軍は中国の撒く機雷を想定して除去訓練をしていたものと見られます。






しかし、今回、中国の11隻の艦隊が訓練で日本のEEZ内を


通過したにも関わらず、「公海なので問題はない」と


全く問題視しないのはどういうことでしょうか?






「同盟国・米軍の訓練では県民の安全が脅かされるが、


日本に核ミサイルを向けている中国の訓練は何ら問題ない」と


言っているようなものです。






日米同盟の亀裂を深め、


「米軍基地撤去」の県内世論を醸成する報道姿勢は


「中国の沖縄侵略に加担している」と言わざるを得ません。






現実に「今、ここにある危機」を伝えないマスコミの罪は万死に値します。






今後、混迷する世界の中で、日本は


「世界のリーダー国家」としての役割を果たすべきであり、


「座して死を待つのみ」であってはいけません!






「今、ここにある危機」を国民に伝えるべく、


沖縄返還協定締結四十周年記念となる明日


6月17日(金)13:30~日比谷野外音楽堂で


「日本を守り抜く!国民集会」(集会&大規模デモ)が開催されます!






http://nipponmamorou.org/news/95/






明日の集会とデモには、


沖縄からも数十名の同志達が万難を排して参加し、


「尖閣・沖縄を守れ!」という私たちの願いと危機感を訴えさせていただきます!






座していては日本を守れません!


どうか共に立ち上がり、行動して参りましょう!!
金城 タツロー


HP: http://ishin0507.ti-da.net/




☆゜・*:.。. .。.:*・゜






◎本メルマガは自由に転送、転載いただいて結構です。


◎幸福実現党 公式サイト http://www.hr-party.jp














,



.

2011年6月15日水曜日

原発停止で沈みゆくドイツ・イタリア

原発停止で沈みゆくドイツ・イタリア




日本はどうなる?



2011-06-14 19:38:28



曽我周作氏ブログ転載

原発停止で沈みゆくドイツ・イタリア 日本はどうなる

http://ameblo.jp/water-heaven23/entry-10923339252.html



ドイツは原発廃止をして、またイタリアにおいては

原発を再開せず、不足分を原発大国のフランスから輸入する。



なんという偽善的・独善的なことかと思うのですが、

皆様どう思われますか?



イタリアで原発再開の国民投票が実施され、

9割以上が反対した模様です。



これでドイツとイタリアの経済は沈んでいくことは

間違いないと思います。



そして、ドイツが牽引しているEUも沈んでいくのだと思います。



日本も今、浜岡の原発を法律の手続きを踏まずに、

実質政府が停止させたがために、

点検中の原発なども再開のめどがたたずにいます。



電力不足によって経済が沈んだ場合、

どれほど恐ろしい結果を招くか。



政府は国民に説明する責任があります。



菅直人の思いつき、



支持率回復を狙ったパフォーマンスによって、



大量の失業者が出る可能性があるのに、

一体どうするつもりでしょうか。



また、火力発電に頼った場合、電力費用が増加し、

企業の競争力を大きく削いでしまいます。



また、国防上の観点からも、エネルギー輸送路である

シーレーンを抑えらえたら即座に危機に陥ります。



民主党政権になって、そのシーレーン対策、

ソマリア沖の海賊対策の給油活動から、撤退しています。



国際的な貢献もせず、安全保障問題を他国に

すべて丸投げし、これが経済大国の姿でしょうか。情けない。



日本も自国の安全保障の観点からも、きちんとした

国際貢献をなすべきです。



そして、まだ原発はなくせないことは明白であるのだから、



原発の安全性を高めつつ運転し、経済を立て直し、

長期的なエネルギー政策を考えるべきです。



















自己紹介

自分の写真
許せないと思うと、 頑張って突き進んでしまうタイプ。